観劇のススメ

 

劇レーベルというくらいなので、ねぇカルチャーが作る作品は「劇場」で実際に”ナマ”で観るものがほとんどです。
大変恐縮ではありますが、上演するお時間に直接足をお運び頂かなければなりません。
客席の椅子まで辿り着いて頂ければ、あとは楽しむだけ。
開演の瞬間なんて言葉では言い表せない独特の興奮があります。
僕も観劇することが大好きです。

 

ここでは、普段あまり舞台を観劇されない方のために、より楽しく快適にご覧いただくためのコツを「観劇のススメ」としてご紹介させて頂きます。

 

>>上演前

  • 開場時間より客席にお座り頂けます。「こんな感じなんだー!」とステージを眺めたり、開場中に流れるBGMを聴きながらぼーっとしたり、物販をチェックしたり、早めに来ても色々楽しいと思います。お友達と来る方は勿論、談笑してお待ち頂いてもOKです。
  •  どこに座ればいいか分からない場合は、お気軽にお近くのスタッフに聞いてみてください。
  •  上演直前になると、お手洗いが混みあう場合がございます。早めの利用をお勧めします。
  • 客席内での過度な飲食は禁止です。出来るなら少しお腹を満たして来て頂ければありがたやです。
  • 客席内での撮影は、許可されている範囲を守ってください。ねぇカルチャーでは上演中以外はOKにしています。
  • 出演者への手紙、プレゼントがある方は上演後の場内開放時間に直接お渡し頂くか、受付でスタッフにお預けください。(上演中に出演者に直接手渡すことはおやめください。)
  • そして!必ずやっておいて頂きたいのが「携帯電話の電源を切る」ことです。上演中はマナーモードではなく、電源を切るようにしてください。静かなシーンではマナーモードの振動音でもかなり響きます。念には念を入れて、もうすぐ始まるな…ってタイミングで改めて確認して頂ければ。少しの間だけ、スマホや時間を気にせずに舞台に集中して楽しんでくれたらとても嬉しいです。ちなみに時計のアラームなど、音が出るものは全てお切り頂くようにお願い致します。
  • 始まる前は一息深呼吸してみてください。「わ~始まる~」ってとても高揚できます。始まりますよ~!
>>上演中
  • ほかのお客様の迷惑とならないよう、飲食、おしゃべり、声援はおやめください。
  • 撮影、録音、筆記などによる記録行為は禁止です。
  • 何度も言いますが、携帯電話の電源は切っておいてください。時間やメールのチェックなどで携帯電話を開くと、どんなにこっそりやったつもりでも、まわりの人々を一気に現実世界に引き戻す強烈な電波を発してしまいます。テクノロジー強い。上演中は、くれぐれも電源オフ!でお願いいたします。
  • トイレにいきたくなったら、できるだけ静かに席を離れましょう。戻るときに心配であれば、スタッフに声をかけてください。
  • 劇場は、座る場所によって寒かったり暑かったりすることがあります。温度調節のできる上着などがあると便利です。
  • 気分が悪くなったり、何か困ったことが起きた場合は、遠慮なくスタッフにご相談ください。

>>終演後

  • 「コメディリック」の終演後はそのままカフェスペースとして少しの間、開放致します。出演者もそのままお見送りできるような形で客席へとまいりますので是非、声をかけてください。
  • 公演のグッズや関連商品の販売コーナーは、終演後もご利用頂けます。
  • お時間がございましたら、アンケートにご協力ください。出演者はもちろん、スタッフ一同、皆様からのメッセージを楽しみにしています。筆記具がない場合は、スタッフに声をおかけください。
  • SNSなどで褒めちぎって頂ければとても嬉しいです。あなたの一声で何か僕たちにチャンスが巡ってくるかもしれません。生きるか死ぬかでやっている僕たちの生存戦略になって頂けたら幸いです。
  • 観劇後、いつもの帰り道が違って見えてくれたらとても嬉しいです。(明るい作品でも暗い作品でも同様です。)

>>さいごに

 

舞台は "ナマモノ" です。出演者のがんばりはもちろんですが、客席のみなさまのご協力があって、ひとつの舞台ができあがります。
共に「今だけの最高の喜劇」を目指しましょう。
出演者・スタッフ一同心よりお待ちしております。


最後までご高覧頂きありがとうございました!